あいはら鍼灸整骨院

小波津式神経筋無痛療法(ベーシック)

小波津式神経筋無痛療法(ベーシック)とは

 手技を施すことにより神経を刺激して、筋肉の状態を改善する手技療法です。

 筋肉の役割は

  1. 筋肉には力を発する(関節を動かす)
  2. 負担を吸収する(関節を守る)
 筋肉には動かすという作用と負担を吸収する作用があり、このどちらの作用も筋肉が正常に動いていれば何も問題が起こりません。言い換えれば、筋肉が弱くても体重の負荷が大きくても筋肉が正常に動いていれば何の痛みも出ないということなのです。

 身体に痛みなどの症状が起こると筋肉を動かす時に神経伝達システムにズレが生じたり、 関節の動くスピードに筋肉や腱の働きがついていけない状態になってしまいます。

 このような状態では神経と筋肉の接合部分から出るアセチルコリンという神経伝達物質うまく分泌されなくなり患部の状態が良い方向に向かっていたとしてもなかなか回復がスムーズに行われなくなってしまいます。これを解決するのに小波津式神経筋無痛療法を行うことにより、神経の伝達システムに直接アプローチして神経筋接合部の神経伝達物質のアセチルコリンの分泌を回復させて、痛みやバランスを改善させることにより良い状態に見合った身体の動きを再構築させる手技になります。

受付

TEL:04-2953-8131

午前診療受付 8:00〜12:00
午後診療受付 3:00〜8:00
△ 午後診療受付 3:00〜5:00
ー お休み

02月11日 休診
02月23日 休診

こども医療費指定医療機関

ひとり親家庭等医療費指定医療機関

障害者医療費指定医療機関
ペディグラス巻き爪補正